医療に関するデーターベースが必要な理由

病院へ長く通院していると途中で担当の医師が代わることもしばしばあります。



紙のカルテの時代には各診療科が縦割りになっていたために医療に関するデーターベースは共有されていませんでした。


そのため違う症状について確認するために医師は担当していた診療科に電話をしてカルテの診療記録についていろいろと聞いていました。

10年くらい前に今の病院が移転された時にカルテのデーターベース化が行われたため、現在はメインにしている診療科で全ての記録を見ることができるようになりました。
そのために症状が軽くなってきて医療措置が薬だけで済む診療科からメインの診療科へ移管することができるようになりました。医療データーベースの良い所は手書きでないために診察記録が綺麗な文字で見ることができるところです。

以前は人によって文字に癖があって読みにくかったカルテも文字が統一されて読みやすくなりました。



それにレントゲン写真やCTなど各種の写真も必要な部分を拡大してみることができるので見落としも少なくなりました。診察をしながら今の状況と過去のデーターベースを比較することで症状の進行状況も一目で分かるようになり、何年も前に入院していた時に服用していた薬と効果の有無も確認することができます。

最近になって効果があった薬が何日くらいで効かなくなったかということも記録を見ればすぐに分かります。データーベースは時系列的に保存することができるので患者を診察するときには欠かすことのできないものになってきています。医療の現場では導入が進んでくると近くにある病院でも同じ治療を受けることができるので期待が膨らみます。